がれき受け入れ、前向き35都道府県・政令市

焼却場と政府を連絡して下さい
 

 政府が東日本大震災で発生した岩手、宮城県のがれきの受け入れを要請した44都道府県と18政令市のうち、6割近くの35自治体が既に受け入れたり、受け入れを表明したり、受け入れる方向で検討したりしていることが、読売新聞が知事・市長に行ったアンケートで分かった。

 このほか、17自治体(27%)も「受け入れの可否を含めて検討」としている。

 調査は岩手、宮城、福島3県と仙台市を除く都道府県・政令市(1日に政令市に移行した熊本市は除く)を対象に実施。3都県は既に受け入れ、11道府県4市が受け入れを表明している。このうち10道府県2市は、国が示すがれきの安全上の目安(焼却前1キロ・グラム当たり240~480ベクレル)より厳しい独自基準を設定したり、検討したりしている。

2012年4月7日17時24分  読売新聞)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s