Toyota Mulling Accepting Tsunami Debris

Please contact Aichi to tell them not to allow Toyota to accept tsunami debris!

Via: http://jen.jiji.com/jc/eng?g=ind&k=2012040500406

Nagoya, April 5 (Jiji Press)–Toyota Motor Corp. <7203> is considering accepting debris from the March 2011 earthquake and tsunami at its Tahara plant in the central Japan prefecture of Aichi, informed sources said Thursday.
   The top Japanese automaker will start discussions with Aichi Prefecture on ways to dispose of the debris, including the construction of a final disposal facility in the plant’s premises, if local municipalities and residents involved give the nod, the sources said.

(2012/04/05-13:47)

ニュース:震災がれき:トヨタが最終処分場建設受け入れ方向で検討 (Article: Disaster Debris Wide-Area Disposal: Toyota Eager to Help at Its Factory Site in Aichi Prefecture on a Landfill)

毎日ニュースオリジナル

Translation by Ex-Skf

震災がれき:トヨタが最終処分場建設受け入れ方向で検討

毎日新聞 2012年04月05日 12時07分(最終更新 04月05日 12時21分)

 震災で発生したがれき処理で、トヨタ自動車が愛知県から打診されていた同社田原工場(同県田原市)敷地内での最終処分場建設を受け入れる方向で検討に入ったことが5日、明らかになった。周辺住民や工場従業員への影響を調査し、周辺住民や自治体の同意が得られれば、県と具体的な協議に入る方針。

 トヨタは「正式な要請があれば、前向きに検討する」とコメントしている。

 田原工場は埋め立て地に立地。敷地面積約370万平方メートルと、東京ドーム約80個分の広さがあり、高級車「レクサス」などを生産している。トヨタは東北を小型車の生産拠点と位置づけており、復興を支援する意味でも「可能なことは協力したい」としている。【米川直己】